ワークスペース


前提


ng new


ng newのデフォルトを変える主なオプション


ワークスペースの内容

README.md
angular.json
node_modules/
package-lock.json
package.json
tsconfig.base.json
tsconfig.json
tslint.json

angular.json

プロジェクト未作成のとき

{
  "$schema": "./node_modules/@angular/cli/lib/config/schema.json",
  "version": 1,
  "newProjectRoot": "projects",
  "projects": {}
}

"newProjectRoot": "projects"

"defaultProject": "デフォルトのプロジェクト"

"projects": {各プロジェクト}

  "projects": {
    "プロジェクト名": {
    },
    "プロジェクト名": {
    },
  },

npm install: 後からライブラリを入れるパターン

例: 空のワークスペース作成

ng new ワークスペース名 --defaults --skip-install --create-application=false

内容

README.md  angular.json  package.json  tsconfig.json  tslint.json

ライブラリを入れる

# ワークスペースで
npm install

ワークスペースのAngularアップデート

ng version: ワークスペース側のバージョン確認

ng version

# ワークスペース側が古い例
Your global Angular CLI version (9.0.2) is greater than your local
version (8.3.4). The local Angular CLI version is used.

ng update: アップデート

# 現在がv9で、まずv9の最新にしたいとき
ng update @angular/cli@9 @angular/core@9

# 最新(v10)にアップデート
ng update @angular/cli @angular/core

# (Material使用のとき)
ng update @angular/material