KVM: 仮想マシン概要


前提


ドキュメント


KVM概要

Linuxの中で別のLinuxをまるごと起動できる

Dockerコンテナと違うポイント


ゲスト管理ポイント


KVMの準備(インストール)

  1. BIOS(UEFI)で仮想化有効に
  2. KVM関連パッケージのインストール
  3. libvirtdサービスを起動

BIOS(UEFI)で仮想化有効に

無効になっているとゲストのインストールができない。

仮想化有効の確認

# 1以上なら有効
egrep --count '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo

# kvmモジュール確認
lsmod | grep kvm
kvm_intel             183705  0
kvm                   615914  1 kvm_intel
irqbypass              13503  1 kvm

KVM関連パッケージのインストール: ホストCentOS7例

ホストがデスクトップのとき、ゲストをGUIでも管理したいなら追加で、

yum install qemu-kvm virt-install virt-manager virt-viewer

libvirtdサービスを起動

自動起動

systemctl enable libvirtd
# 起動
systemctl start libvirtd

ログ

journalctl -u libvirtd

主なコマンド


ゲストのネットワークをホストと同一にするか

別ネットワーク

同じネットワーク


インストール作業の自動化

それぞれについて、GUI(マウス)かCLI(コマンド)か。


ゲスト画面へのアクセス方法

グラフィカルコンソール: ゲストの仮想ディスプレイ

シリアルコンソール

SSH


各種設定ファイル

元からあるかvirt-installなどで自動生成される(直接編集注意)。

プール: ボリュームの保存先

ボリューム: ゲストのイメージファイル

ネットワーク

ドメイン: 仮想マシンとしての設定