ncatコマンド: ネットワーク調査


前提


ドキュメント


TCP/UDPのネットワーク調査

Webサーバなどネットワーク関連のアプリケーションは、専用のポート番号でアクセスを待ち受ける(リッスン)必要がある。その調査をncコマンドで行う。


localhostでTCP練習

リッスン側もアクセス側も同じホスト(localhost)なら、ファイアウォールに邪魔されない。

よく使うオプション

リッスン側

# ポート1234でリッスン
ncat -vl 1234

アクセス側

# localhostのポート1234にアクセス
ncat -vz localhost 1234

リッスン側の結果

Ncat: Listening on :::1234
Ncat: Listening on 0.0.0.0:1234
Ncat: Connection from ::1.
Ncat: Connection from ::1:35612.

アクセス側

Ncat: Connected to ::1:1234.
Ncat: 0 bytes sent, 0 bytes received in 0.03 seconds.

# リッスンしていないと
Ncat: Connection to ::1 failed: Connection refused.

別ホストの調査

# ホストはドメインまたはIPアドレス 
ncat -vz ホスト ポート

# REJECTのとき
Ncat: No route to host.

# DROP/電源停止/リッスンしてないとき
Ncat: Connection timed out.